劇団四季

 

もっと知る Learn more

美しいバレエシーン

幻想的なバレエで描かれる、「人魚姫」の儚い恋

『アンデルセン』には、数多くのバレエ・シーンが登場します。まずはハンスが憧れるバレリーナ、マダム・ドーロの日常生活として。そして「人魚姫」などハンスが作り出した物語が劇中劇として、幻想的で美しい群舞(コール・ド・バレエ)によって表現され、物語に奥行きと深みを与えているのです。
劇団四季では「バレエは舞台人の基礎」という考え方に則り、俳優たちへの教育、レッスンに多くの時間を割き、レベルの高いダンス力の維持に腐心してきました。
ミュージカルとバレエという二つの芸術ジャンルが融合した『アンデルセン』では、劇団四季の表現力を存分にお楽しみいただけることでしょう。

舞台写真
舞台写真

関連コンテンツ

はじめに Introduction

はじめに

ギャラリー Gallery

ギャラリー

フランク・レッサーによる音楽の魅力 Learn more

フランク・レッサーによる音楽の魅力