ページ内を移動するためのリンクです。

企業情報

企業情報

社名 四季株式会社 (英語表記:SHIKI THEATRE COMPANY)
本社所在地 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1丁目24番地7
TEL:045-903-1141(代表)
設立 劇団創設 1953年 (昭和28年) 7月14日
株式会社 1967年 (昭和42年) 9月1日
資本金 4億9,725万円
公演回数 3,099回 (2015年度)
3,253回 (2014年度)
3,094回 (2013年度)
3,627回 (2012年度)
売上高 196億4,600万円 (2015年度)
185億3,400万円 (2014年度)
186億9,400万円 (2013年度)
178億8,300万円 (2012年度)
従業員数 215名 (2015年12月末日現在)

役員一覧

代表取締役会長 佐々木 典夫
代表取締役社長 吉田 智誉樹
専務取締役
(制作担当)
田中 浩一
専務取締役
(営業・広報宣伝担当)
越智 幸紀
常務取締役
(国際・経営企画担当)
安藤 義宣
取締役
(経理・総務担当)
黒澤 登志夫
取締役 加藤 治彦
監査役 原口 和久
執行役員
(技術担当)
近藤 建吾
執行役員
(東京営業担当)
雲龍 大祐
執行役員
(総務担当)
辻 淳一

担当業務

経営

チケットの販売から劇場の管理まで、公演の実務を支えます。

営業部 劇団四季の舞台の感動を、拠点劇場のある都市や全国各地に届け、チケットを販売し、公演を成功に導くためのマーケティング全般を担当します。
制作部 創作面の全てのバックアップを行うとともに、俳優陣を束ね、その能力を最大限伸ばすサポートをします。
広報宣伝部 劇団四季の作品の魅力を、マスコミに働きかけることや会報誌、ウェブサイト、その他広告物を制作することにより、広く世間に対しPRします。
カスタマー部 四季の会や予約センターなどお客様の窓口となる業務を担当します。また、社内情報システムの維持、運用、及びサポートも担当しています。
国際部 海外プロダクションとの交渉、契約などのほか、来日する海外スタッフに関連する業務を担当します。世界の演劇界の情報収集、分析も大切な仕事です。
社会事業部 「こころの劇場」や『美しい日本語の話し方教室』など劇団四季の社会貢献活動を担当します。
経営企画部 経営全体の司令塔。劇団四季の公演スケジュールや宣伝戦略など、さまざまな業務をコントロールします。市場分析、公演企画に則った原価の出納や予算管理業務なども担当します。
経理部 劇団四季に関する金銭や物品の出納を記録・計算・管理します。
総務部 人事、庶務、労務管理、株主総会などを担当するとともに、劇団員の職場環境をより良くする為のサポートをします。
劇場部
(劇場運営・劇場管理)
劇場案内スタッフの教育をはじめ、主に劇場内業務の調整や全国にある専用劇場の施設管理を担当します。

技術

装置や道具の制作から舞台運行の管理に至るまで、劇団四季の舞台制作を一貫して手掛けています。

舞台監督助手 稽古場の管理、本番の転換など、公演の準備から撤収までトータルに関わることが出来ます。体力や気力と臨機応変に対応する力が求められます。
舞台装置
(大道具)
演劇の舞台上に、作品の世界を表現するための大道具を制作します。
小道具 各演目で使われる小道具の制作とメンテナンスを行います。
照明 俳優の表情や舞台の情景を照らして光で舞台上を演出します。
音響 台詞、歌をバランスよく客席に届け、効果音と音楽をその芝居にあったきっかけで出すなど、音で舞台演出をサポートします。
コスチューム
(衣裳)
本番中、舞台裏での衣裳の早替えの手伝いや、俳優へのフィッティング、メンテナンス作業、新規衣裳の製作等を担当します。
ヘアー・メイク
(床山)
公演で使用するかつらの早替えやフィッティング、メンテナンス作業、また俳優へのメイク指導を行います。
音楽 稽古時の伴奏や各作品の音楽稽古、楽譜作成から資料管理等の事務作業まで、劇団の音楽制作全般に関わる業務を行います。