ページ内を移動するためのリンクです。

200字コメント:心に残ったシーン、どうしても伝えたいこの感動、そして、観るのはこれからという方の期待の声。お客様から寄せられた感想・コメントを掲載しています。

左のメニューより、作品名を選択すると、各作品への感想・コメントを見ることができます。

下記の「新しいコメントを投稿する」ボタンをクリックすると、投稿画面が表示されます。

新しいコメントを投稿する
Now Loading...
現在メンテナンス中のため、閲覧のみが可能となっております。

入力内容をご確認の上、「修正する」か「投稿する」ボタンをおしてください。

ゲスト さん
コメントが採用された場合にはメール連絡を希望されますか?
四季の会会員番号
演目
ニックネーム
メールアドレス
タイトル
コメント

修正する

ご投稿ありがとうございました!

閉じる

バケモノの子へのコメント 124件

ピアノ
kodamajo さん
2024年04月14日(日) 08時36分21秒

2回目の観劇でしたが、心打たれる大好きな作品となりました。誰もがもつ人としての闇、周りの人、命に支えられて生きてること、親子、仲間、異種の繋がり、心の揺れ、自分を大事にできるのは自分だけ…ストーリーを楽しみつつ様々なことが訴えかけられてき、素晴らしい音楽に涙が止まりませんでした。少し仕事でしんどい状態だったので余計に沁みました。 キャスト、スタッフの皆さま、ステキな空間をありがとうございました。

default
匿名希望 さん
2024年04月12日(金) 01時49分29秒

人間とバケモノの話だけではなく 子供の心 母の愛情 父親の心情 親子のすれ違い・・この短時間の演劇の中でこのクオリティで描けるのは流石 劇団四季と言うしかない❗️ この作品の中には 子供の弱さ寂しさ強さ 子供に対する母の揺るぎない愛情 父親の不器用な愛情表現、心情、思いが描かれてる。 感銘をうける場面は人により違うがこれらを バケモノの子は教えてくれる名作だ

音符(レッド)
しー?? さん
2024年04月08日(月) 20時36分24秒

何回見ても新たな発見が生まれ、深い感動に包まれ、完全なる沼りから出てこれずにこの数ヶ月を過ごしています。俳優さんたちの演技や歌唱力はもちろんの事台詞と歌詞の継ぎ目を感じさせない自然な流れと計算し尽くされている舞台芸術。その全てに観客の心は掴まれっぱなし!自分の中の負の感情も受け入れ、乗り越えたからこそ手に入れた強さはまさに本物の強さ!劣等感があるからこそ手に入れられるものもあるって事を学びました。

default
匿名希望 さん
2024年04月03日(水) 19時49分29秒

現在専門学校で演技について勉強している者です。姉が誕生日プレゼントにと、このバケモノの子の観劇に連れて行ってくれました。生きているうちに観にいけたことに感謝しかありません。音響・照明・舞台装置・役者様方の動き・表情など余さず勉強させていただこうと言う気持ちで観劇させていただきました。しかし、段々と作品に見入ってしまい勉強よりも観ることに持っていかれてしまいました。きっと何度観ても足りないです。

スター
ぬぴ さん
2024年03月13日(水) 19時12分20秒

3月9.10日に観劇しました。東京公演でも観ましたが、その時の自分の気持ちや生活と重ね合わせて観るとまた違った感動や発見があります。今回は猪王山と一郎彦の苦悩や愛情が痛いほど伝わり、胸が苦しくなったり熱くなり、ラストは涙が出てきました。渋天街のみんなに会えてとってもとっても元気が出て、また明日から頑張ろうと思えました。遠征して良かったです。ありがとうございました。

default
匿名希望 さん
2024年03月12日(火) 21時07分25秒

とてもとても素敵な作品でした。後半は涙がとまりませんでした。もう一度見たいのでチケットすぐとりました。。さすが劇団四季です。役者さんスタッフさん方に拍手喝采です。

default
あずさ さん
2024年03月08日(金) 23時57分31秒

原作の映画は何回も観ていましたが、四季のほうは去年のクリスマスイブに初めて観ました。 映像が凄く綺麗で、一郎彦のクジラが1番綺麗でした。胸の中の剣のシーンはメイクが崩れるぐらい大号泣です。 大阪公演は合計4回観劇します。 もうすぐ大阪公演が終わってしまうのは悲しいですが、今、名古屋公演に観劇に行こうかすごく悩んでます笑(たぶん行く)バケモノの子大好きです!

default
りえぷ さん
2024年02月25日(日) 19時17分52秒

小学一年生の息子と見に行きました。前半から九太の素直さ、熊徹や亡き母親の思いに溢れていて、涙腺崩壊でした。まだ見ていない映画も見たくなりました。すごく良い作品でした。5月までにもう一回は絶対に見に行きたいです。息子もまた見たいと言ってました。感動をありがとうございました。

default
ともちん さん
2024年02月24日(土) 21時39分06秒

劇団四季さんの鑑賞を初めてさせていただきました。 アニメであるってことしか知らずに鑑賞させていただいた次第ですがとてもよかったです。 話の内容も劇団員さんが力をこめて等身大で一緒懸命にされている姿を鑑賞させていただいて観終わった後は感無量でした。皆様の益々のご発展をお祈り申し上げます

default
匿名希望 さん
2024年02月24日(土) 10時52分57秒

人間の心の闇が、バケモノの性根で癒されていく。熊徹の心意気が永遠の鋼となって青年の心に宿るのだ。改めて、美しいテーマだと思った。私の敬愛する作家の言葉に、心の温度が高まらなければ人は泣けない、というのがある。この演目は、その点、心憎いくらいに隙がない。