ページ内を移動するためのリンクです。

200字コメント:心に残ったシーン、どうしても伝えたいこの感動、そして、観るのはこれからという方の期待の声。お客様から寄せられた感想・コメントを掲載しています。

左のメニューより、作品名を選択すると、各作品への感想・コメントを見ることができます。

下記の「新しいコメントを投稿する」ボタンをクリックすると、投稿画面が表示されます。

新しいコメントを投稿する
Now Loading...
現在メンテナンス中のため、閲覧のみが可能となっております。

入力内容をご確認の上、「修正する」か「投稿する」ボタンをおしてください。

ゲスト さん
コメントが採用された場合にはメール連絡を希望されますか?
四季の会会員番号
演目
ニックネーム
メールアドレス
タイトル
コメント

修正する

ご投稿ありがとうございました!

閉じる

ロボット・イン・ザ・ガーデンへのコメント 95件

default
ゆき さん
2021年05月18日(火) 18時18分44秒

アンドロイドが活躍するホンの少し先の未来。でも人々が抱える悩みは、私たちの身近にあるもので、等身大の人々の様々な想いや、少しずつ前を向く姿に、改めて人生を見直す機会となりました。そして、タングの感情の豊かさ!ちょっとした仕草、寂しさ、傷ついた表情。嬉しさ、ドヤ顔。子どもの成長を見るようで、もう夢中です!福岡千秋楽を迎え、すでに恋しくてたまりません。

default
マサアキ さん
2021年05月17日(月) 09時27分04秒

東京、福岡と何回も観劇させていただきました。こんなに毎回泣ける演目は初めてです。特に千秋楽の公演は「家族」と言うキーワードを一番感じた公演でした。この状況の中で公演を催行していただいたロボットカンパニーの皆様。感動をありがとうございます。

default
かりん さん
2021年05月17日(月) 00時48分19秒

劇団四季と共に生きてきて50年。今年はロボットタングに会えた。千秋楽まで7回通った。我が家の子ども達もタングのようだったと回想して涙が止まらない。終演後、孫娘は、梅雨入りした小雨の中を、はじめて傘をさして歩き、楽しい帰り道。またタングに会いにいこう。タングありがとう。

default
きよはる&ゆっきー さん
2021年05月15日(土) 13時56分37秒

オンライン公演なら…と、軽い気持ちで観たつもりが、そのまま一目惚れ。その後何度劇場へ足を運ぶこととなったことか。ベンとタングの、微笑ましくて、ちょっとほろ苦いロードムービー仕立ての展開に、コロナ感染対策のはずのマスクが涙受けのハンカチ代わりになってしまうほど。ずるいほど、あざとかわいいタングのせい。東京再演決定とのこと、タングがもっとプレミア~ムになって戻ってくるのを楽しみに待っているからね!!

default
きよはる さん
2021年05月15日(土) 13時50分41秒

タングとベンの珍道中と二人?の成長模様に感動。ベンとエイミーのゆれる愛情模様に感動。タングとみんなが支え合い思いやり優しさに癒される、いーっぱいの涙と笑いに感激。この素晴らしい「ロボット・イン・ザ・ガーデン」に巡り合えて感謝感謝。また会える日を楽しみに…。

星
匿名希望 さん
2021年05月15日(土) 05時44分11秒

福岡公演に3回通わせていただきました。何度拝見しても感動で涙が溢れてきて、泣いたあとは心が「むきたてのゆで卵」になったような感覚をおぼえます。全国各地に緊急事態宣言が発令される中でも、いつもと変わらない熱い舞台を届けてくれる、カンパニーの皆様や劇場スタッフの皆様に心から感謝申し上げます。私も「タングに遭えて良かった。」感動 ありがとぉ!

default
匿名希望 さん
2021年05月14日(金) 15時45分31秒

さまざまな想いがじんわりと心に沁み込み、穏やかな幸せに包まれるミュージカルでした。特に田邊さんの歌われるロボット・イン・ザ・ガーデン、しみじみと聴きました。大好きです。振り付けや演出、舞台美術もとても素敵です。こんな時だからこそ何度でも観たい演目なのに、コロナ拡大でリピートしにくく、悔しい思いでいっぱいです。また福岡へ戻って来てくださることを心から願っています。ありがとうございました。

音符
タングの叔父 さん
2021年05月14日(金) 11時43分31秒

観劇前は、幼いロボットに主人公が振り回される話だと思っていました。でも違いました。観る側である私の心がかき乱される話でした。幼いロボットのタングが観る者の心に何度も問いかけをします。その答えは我々の日常にこそあるはず。あったはずなのに。「傷さえも証になるよ」の歌詞に背中を押されながら、私は今日も明日も力強く生き抜いてみせます。私もベンになれるはず。心にはいつもタングがいるのだから。感動に感謝。

default
ミスタ さん
2021年05月13日(木) 17時22分35秒

今日、人生で初めてミュージカルを見ました。(博多) 私自身が半年前に離婚したばかりという事もあり、ベンとタングのやり取りが、自分と「自分の中の小さな自分」とのやり取りの様に思えて、一つ一つのセリフに心が震えて最後は涙が溢れてしまいました。「大切な人を大切に想える」という事が、いかに幸せな事かと改めて思いました。本当に素晴らしい作品をありがとうございました。作品に関わった皆さんに心から感謝します。

default
たぬたぬ さん
2021年05月13日(木) 12時40分05秒

私のような中年男が、まさか1週間のうちに4回も観劇のために足を運んでしまうとは!私と同じように、打ち震える感動を抑えきれないのでしょう。上演中はシーンごとに、客席のあちらこちらからすすり泣く声が。ストーリーの楽しさと悲しさ、演出の巧みさ、曲の素晴らしさ、心酔するほどの演技とロボット達のけなげさに、笑顔と涙が交互に訪れます。観劇2回目で気付く要素もあり、劇場が今や日常に。今日まで生きてきてよかった。