ページ内を移動するためのリンクです。

200字コメント:心に残ったシーン、どうしても伝えたいこの感動、そして、観るのはこれからという方の期待の声。お客様から寄せられた感想・コメントを掲載しています。

左のメニューより、作品名を選択すると、各作品への感想・コメントを見ることができます。

下記の「新しいコメントを投稿する」ボタンをクリックすると、投稿画面が表示されます。

新しいコメントを投稿する
Now Loading...
現在メンテナンス中のため、閲覧のみが可能となっております。

入力内容をご確認の上、「修正する」か「投稿する」ボタンをおしてください。

ゲスト さん
コメントが採用された場合にはメール連絡を希望されますか?
四季の会会員番号
演目
ニックネーム
メールアドレス
タイトル
コメント

修正する

ご投稿ありがとうございました!

閉じる

バケモノの子へのコメント 21件

default
るり さん
2022年05月18日(水) 16時41分47秒

5/13公演を観劇いたしました。幕が開いた途端から映画で見た世界に一気に引き込まれ、あっという間の時間でした。俳優さんたちの演技や歌はもちろん、舞台演出も含めて映画の世界観がそのまま再現されていて圧倒されました。九太が成長していく過程でのナンバーには特に心が打たれカーテンコールでの胸の中の剣ではあまりの感動に涙が止まりませんでした。また必ず観劇に行きます。素敵な時間をありがとうございました。

default
まぐ さん
2022年05月16日(月) 01時02分36秒

初日に小学生の息子と観に行きました。アニメの世界観そのまま忠実に作り込まれていて役者さん達の躍動感や、舞台装置にも感動することばかりで、没入してしまいました。息子は「オレ、何回か涙でた」と言い、年齢的にも胸にささるセリフがたくさんあったようです。作品を知らないかた、父と子、母と子、いろんな世代のかたに是非観に行ってもらいたい作品No.1です。

ハープ(ブルー)
匿名希望 さん
2022年05月15日(日) 22時39分11秒

元々本作の映画が大好きだったので、本当に楽しみにしていました。あの世界観をどうやって舞台上で表現するのかとても気になっていましたが、映画そのもので本当に素晴らしかったです!特に猪王山の気品と風格、熊徹の不器用さと愛情が本当に美しく、目の前で見れた感動で涙が出てしまいました。また、九太の成長や熊徹たちとの関係も丁寧に描かれていてラストは涙が止まりませんでした。また必ず観劇します!!

default
匿名希望 さん
2022年05月15日(日) 19時44分53秒

映画のあの場面はどう表現されるんだろう?どの部分で歌唱で表現するのか?等、ミュージカル映画以外の映画を四季はどのようにミュージカルにするのか楽しみにして観劇しました。映画でも涙しましたが、こちらでも涙止まらず。カーテンコールでも涙涙でした。映画では少なかった一郎彦の心の葛藤も四季ではクローズアップされていて、とても素晴らしかったです。また観劇に行きたいです。

default
べこ さん
2022年05月12日(木) 22時12分04秒

正直、アニメがすごく良かったので、これを舞台で表現出来るのか? とあまり期待せずに観劇しましたが、期待以上でした。 アニメでお気に入りの場面も上手に演出されていて、 さすがだなぁと感心したり、闘いの場面にハラハラしたり、あっという間の時間でした。 近いうちにもう一度行きます!怪我のないよう、頑張ってください。

default
ヨシツネ さん
2022年05月12日(木) 10時23分06秒

アニメ版が大好きで、映画館で何度も見ているので、どのように舞台ミュージカル化するのか疑問に思っていたのですが、観てみると、どの場面も、とても上手くアニメの世界を再現されていて、1番の見せ場の白鯨との戦いも、とても迫力があり驚きました。 音楽は、生演奏ではありませんでしたが、音響がしっかりしているので、生演奏と錯覚するほどでした。 時間が出来たら、また、観に行きたいです。

default
ケイ さん
2022年05月12日(木) 01時29分05秒

バケモノの子は映画が公開される前から原作小説で大好きになりました。そんな大好きな作品が劇団四季で公演すると知り、もう楽しみすぎて大変でした。実際始まって数秒で泣きました。観劇したのは昨日ですが、1日たっても思い出して感動します。舞台装置も衣装もとても凝っていて、バケモノの子の世界そのものでした。舞台上であの世界を作れるのは本当にすごいと思います。200字じゃ全然伝えられないほど本当に凄かったです!

default
ヨンさま さん
2022年05月11日(水) 21時57分13秒

人間が皆、抱えている闇。人間は心に闇を持っているから弱いし、悩み、苦しむ。でも、その闇に吞み込まれないでいられるのは、多くの人たちに支えられているから、誰かのために生きようという思いがあるから。結局、最後にその闇を救ったのは、熊徹の捨て身の愛でした。何と言うか、深くて、感動的な物語でした。

default
もっち さん
2022年05月08日(日) 20時53分54秒

昨日、家族で初めてバケモノの子を観劇しに行きました。今までアニメでしか見た事がありませんでした。しかし、舞台装置や衣装なども工夫を凝らしながら劇団四季史上最高のミュージカルに仕上がっていると感じました。最初から舞台に引き込まれ気づいたら終わっていました(笑)本当に劇団四季が大好きです。本当の親子の絆とは!?について学ばさせて頂きました。また絶対に渋天街に遊びに行きます。素敵な時間をありがとう!

default
匿名希望 さん
2022年05月08日(日) 14時37分40秒

映画の世界をそのままに再現する技術力は、四季だからこそ。更にそれぞれのキャラクターがより生きていて。本当に良かったです。キャラとして生きているからこそ、俳優さんの表情や声、台詞に感情が自然と乗っていて、こちらまで辛くなったり笑ったり。カテコでの優しい雰囲気にも涙してしまいました。こうやって一緒に感情を共有できるのが、演劇の一つの良さだなと再確認できる舞台でした。