ページ内を移動するためのリンクです。

200字コメント:心に残ったシーン、どうしても伝えたいこの感動、そして、観るのはこれからという方の期待の声。お客様から寄せられた感想・コメントを掲載しています。

左のメニューより、作品名を選択すると、各作品への感想・コメントを見ることができます。

下記の「新しいコメントを投稿する」ボタンをクリックすると、投稿画面が表示されます。

新しいコメントを投稿する
Now Loading...
現在メンテナンス中のため、閲覧のみが可能となっております。

一言から200字まで自由に、心のままに表現してください。 劇団四季idにご登録いただいている方は、
ご登録済みのニックネーム、プロフィールアイコンが掲載されます。

  • ※寄せられた感想・コメントのうち一部を掲載しています。投稿内容は編集する場合もございます。
  • ※劇団四季の発行する宣伝物に転載させていただく可能性もございますのでご了承ください。
  • ※ご返答が必要なお問い合わせはこちら
入力項目に誤りがあります。下記の内容をご確認のうえ、再度【確認】ボタンを押してください。
ゲスト さん
四季の会会員番号
※四季の会会員の方でidセンターにご登録されていない方は会員番号をご入力ください。
必須
演目
必須
ニックネーム
必須
メールアドレス
※メールアドレスは公開されません。
必須
タイトル
必須
コメント

200字以内でご記入ください。改行は反映されません。

必須
画像認証
不正な利用を防ぐため、認証を行います。
下記の指示に従って画像を○の中に移動してください。
このサイトを利用する場合、JavascriptをONにしてください。

入力内容をご確認の上、「修正する」か「投稿する」ボタンをおしてください。

ゲスト さん
コメントが採用された場合にはメール連絡を希望されますか?
四季の会会員番号
演目
ニックネーム
メールアドレス
タイトル
コメント

修正する

ご投稿ありがとうございました!

閉じる

ひばりへのコメント 7件

default
ロンろんぐ さん
2012年07月31日(火) 00時19分52秒

7月24日に初めてひばりを拝見しました。そして自分でも驚くほど「ひばり」という舞台に魅せられてしまいました。役者さんたちの圧倒的な熱量が1週間経っても忘れられません。あの日は味方さんの素晴らしいお芝居に惚れ、志村さんの圧倒的存在感を堪能し、そして野村さんの放つ生命の輝きに涙が止まりませんでした。役者さんスタッフの皆さん本当に素晴らしい舞台をありがとうございました。

音符
美音 さん
2012年07月22日(日) 19時42分55秒

「聖女か魔女か」ジャンヌ伝説の戯曲「ひばり」。前回はじめてみたとき、タイトルの意味がわかりませんでしたが、今回やっと謎が解けました。可憐で強く儚く、まばゆい光の中で輝いていたジャンヌダルク。素晴らしい時間をありがとうございました。

ハープ(ブルー)
ゆきと さん
2012年07月21日(土) 21時00分19秒

シャルル7世の加藤敬二さんが持っていたものが けん玉。さりげなくやっているのにうまいんです。台詞を聞きつつ 加藤さんの手元が気になり注目していました。隣で観ていた奥さんも、うまさに小さくパチパチ拍手してましたぁ。ジャンヌとシャルル7世のやりとりには 笑いあり納得ありです。舞台の隅々までが おすすめの作品です。楽しかったです、ありがとうごさいました。

帽子(ゴールド)
マコネコ さん
2012年07月20日(金) 02時46分05秒

舞台上でも客席でも、皆が最初から最後までジャンヌに注目し続けている緊張感が物凄く、とめどなく溢れ出てくる台詞劇を存分に堪能できました。ジャンヌがボードリクールやシャルル七世をその気にさせていく場面は軽妙で楽しい躍動感があり、ウォーリック伯が時折ふっと優しい口調になったり、主任検事が苦々しい表情をしたりするところなど、細やかな演技が随所に光っていました。また観に行きます!

音符
匿名希望 さん
2012年07月16日(月) 18時31分39秒

本日創立60周年記念公演である「ひばり」を初めて観劇しました。ジャンヌ役の野村さん、なんて素晴らしいのでしょう!あれだけの長台詞を憶えるだけでも驚愕なのに、ジャンヌの信念や誇り、時には可憐さも見え隠れして素敵でした。共演者の皆様も素晴らしかったです!余談ですが未見のアンドロマック等も観たいと思いました。

星
シマシマ さん
2012年07月15日(日) 01時20分14秒

初日の7月14日は、フランスの独立記念日であり、劇団四季創立の日!まさに、そんな日にふさわしいこの作品を、心待ちにしていました。野村玲子さんのジャンヌは、少女の初々しさを持ちつつ、天使の「声」に託された、強い使命感と信念が終始、心に響いて来ました。膨大なセリフの一言一句は、美しい音楽の旋律のようでした。大好きな俳優さんばかりで、とても贅沢なひとときでした!

default
ゆがみ まめ さん
2012年07月14日(土) 21時00分48秒

劇団四季、お誕生日おめでとうございます!この記念すべき日に美しくも、清々しい舞台を拝見させていただくことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。大好きな俳優さんたちが一つ一つのことばを奏でる姿は、あたかも一枚の豊饒な絵画のようですらあり、また、ほとばしる情熱と気品ある佇まいの野村玲子さんの姿が本当に素敵でした。自由劇場と四季のストレートプレイが大好きな母とまた一緒に見たいと思います。