ページ内を移動するためのリンクです。

200字コメント:心に残ったシーン、どうしても伝えたいこの感動、そして、観るのはこれからという方の期待の声。お客様から寄せられた感想・コメントを掲載しています。

左のメニューより、作品名を選択すると、各作品への感想・コメントを見ることができます。

下記の「新しいコメントを投稿する」ボタンをクリックすると、投稿画面が表示されます。

新しいコメントを投稿する
Now Loading...
現在メンテナンス中のため、閲覧のみが可能となっております。

一言から200字まで自由に、心のままに表現してください。 劇団四季idにご登録いただいている方は、
ご登録済みのニックネーム、プロフィールアイコンが掲載されます。

  • ※寄せられた感想・コメントのうち一部を掲載しています。投稿内容は編集する場合もございます。
  • ※劇団四季の発行する宣伝物に転載させていただく可能性もございますのでご了承ください。
  • ※ご返答が必要なお問い合わせはこちら
入力項目に誤りがあります。下記の内容をご確認のうえ、再度【確認】ボタンを押してください。
ゲスト さん
四季の会会員番号
※四季の会会員の方でidセンターにご登録されていない方は会員番号をご入力ください。
必須
演目
必須
ニックネーム
必須
メールアドレス
※メールアドレスは公開されません。
必須
タイトル
必須
コメント

200字以内でご記入ください。改行は反映されません。

必須
画像認証
不正な利用を防ぐため、認証を行います。
下記の指示に従って画像を○の中に移動してください。
このサイトを利用する場合、JavascriptをONにしてください。

入力内容をご確認の上、「修正する」か「投稿する」ボタンをおしてください。

ゲスト さん
コメントが採用された場合にはメール連絡を希望されますか?
四季の会会員番号
演目
ニックネーム
メールアドレス
タイトル
コメント

修正する

ご投稿ありがとうございました!

閉じる

ミュージカル李香蘭へのコメント 45件

default
日本橋 さん
2015年12月09日(水) 10時24分02秒

意識してませんでしたが、劇場で今日は12月8日だと気付き、今年この日に李香蘭を観ることができ、じんわりしました。何年かぶりだったのですが、たまに観るべきだなと思いました。これからも続けてほしい作品です。

ハート(ピンク)
Asamin さん
2015年12月08日(火) 17時33分38秒

十数年ぶりに観た『李香蘭』。戦争というものを考えるキッカケをくれた作品。今、もう一度観ておかなければと思い、札幌から出向きました。大人になり、戦争が“過去の日本の現実”だったことを受け止めています。たった70年前の現実。二度と繰り返してはいけない現実。現代人に教えてくれて、ありがとう。

default
りさりさ さん
2015年12月05日(土) 21時54分13秒

ステージを観ながら思いました。戦争を体験されていない役者さんばかりだけど、戦争の悲惨さ、現代の平和のありがたさを私たちに伝える大切な伝達者だなぁと。 ステージ終了後の役者さんの挨拶後、李香蘭と愛蓮が目を合わせて手を取り合って中国と日本と一緒に歌うシーンは、平和の時が流れていると心から感じ涙が止まりませんでした。

default
TKC さん
2015年09月13日(日) 11時24分24秒

学生時代に李香蘭と満映の研究をしていました。 2つの国の狭間で翻弄された李香蘭の半生を、フィクションを交えて巧みに描いた作品だと思います。 李香蘭に関わった複数の人々の役割を杉本や愛蓮などオリジナルキャラクターが担っているにも関わらず、違和感なく物語として成立しているのに驚きました。 戦争を忘れないと同時に、この作品がきっかけで李香蘭を知る方が増えていくれることを願っています。

default
パンジー さん
2015年09月04日(金) 21時59分17秒

激動の昭和の歴史に翻弄された李香蘭、無邪気な少女が国策に乗せられた背景がよくわかりました。でも彼女は本当に何も気づかなかったのか?ふと疑問に思います。また中国の人々の思慮深い寛容さ。許すことは罰するより重い決断。なのにそれを行った中国という国の気高さを感じました。裁判長役の方の見事な歌声、これには心から感動です。私たちは謙虚さを忘れず他国と平和に付き合っていかなければと思いました。

default
やまちづ さん
2015年09月03日(木) 23時09分50秒

戦争を体験した事がない、戦時中の人々がどんな日々を過ごしてきたか知らない世代にとって、この物語には、たくさんの学びがつまっていました。終盤に近づくにつれ胸に込み上げるものがあり、カーテンコールでは、涙がこぼれました。

ハープ(レッド)
まーちゃん さん
2015年09月02日(水) 23時10分28秒

とても、考えさせられました!戦争を知らない私たちは、学校では、習いはしましたが、や浅いのが正直なところだったと思いますが、李香蘭の人生を通じて、改めて、知ることができました!日本人の酷さなども感じながら、最後、許しあえる。最後、救われた気がして、日本人として、ホッとして、涙が出ました。ダンス、力強く、素晴らしかったです!愛蓮役の秋夢乃さんの歌が素晴らしかった!

default
kokogaku さん
2015年09月02日(水) 20時49分10秒

戦後70年の想いを聴きに、自由劇場に向かいました。 「松花江上」を日本語訳で歌うなど、歴史を聴かせるという姿勢が舞台に一貫していたように感じました。 特に、「許して愛蓮、私は何も知らなかったの」という台詞が心に刺さりました。過去に無知であること、そして現在に無関心であることがどれだけの犠牲をもたらすのか。李香蘭という女優から、私たちが学ばなければならないことなのかもしれません。

default
mamon さん
2015年08月31日(月) 23時31分57秒

小学生の娘と観劇して来ました。初演を観劇して以来の李香蘭です。銃殺シーンが多いので、娘も一緒で迷いましたが、四季ファンの娘の希望でした。難しいシーンも有りましたが、夜来香が、好きな娘、戦争について考えさせられたようです。娘と観劇できる平和を改めてかみしめました。

default
歌うエプロン♪ さん
2015年07月11日(土) 23時31分06秒

李香蘭の公演、久し振りですね! 私は四季の李香蘭がきっかけで歴史好きになりました ぜひまた北海道でも公演して欲しいです